ボニック 産後 注意点

注文殺到中!早めにご注文を!

産後のダイエットの注意点

産後は誰もが体の引き締めを考えてしまうものです。
妊娠中に全く体重が増えないと言う人は、ほぼいないことでしょう。

 

むしろ体重が増えていき、
お腹周りがどんどんお肉がついていくという人が多いのではないでしょうか。

 

産後でも直後であればお腹が一気にへこんだという感覚を持ちますが、
やはりじっくり見ていくと、お腹のたるみは残ったままです。
そんな産後のお腹を引き締める為のダイエットを実行する女性はたくさんいます。

 

しかし産後のダイエットには注意点もあります。
産後1週間程度は入院をしている場合が大多数ですが、
入院中に既にお腹に刺激を与えるのはやめましょう。

 

まだ体調がしっかりと戻っていない状態ですし、
出血がある場合もありますので産後のダイエットは、
自宅に戻ってからにしましょう。

 

そして実際に本格的にダイエットを始めるには、
体調が安定したことが確認できてからにしましょう。

ボニックを産後に使用するには?

産後のダイエットの方法は人それぞれですが、
ボニックを使用することで、出産時についたお腹周りの脂肪効果を発揮してくれるかもしれません。

 

しかしボニックは超音波刺激と低周波刺激を与えますので、
出産後まもなくからの使用は避けましょう。

 

ボニックを使用して産後のダイエットを実行するのは、
産後の肥立ちを確認して、体調が安定したら始めましょう。

 

その他にはとくに産後のボニックに関する制限などはないので、
引き締め効果を期待してボニックを使用してみてはどうでしょう。

個人的には産後一ヵ月後くらいから使用をおすすめします

産後1ヶ月間というのは出血が続いています。
その間はできるかぎりボニックを使用しないほうがいいと思っています。

 

約一ヶ月間は古くなった血を外にだし、
体の中で新しい知を作っているので重たいものを持つことや走ったりすることはよくないといわれます。

 

激しい運動をすることで出血の期間も長くなるし、量も増えてしまいます。

 

ボニック自身は産後に使用することは注意されていませんが、
ボニックも運動したときと同じような筋肉の使い方をするので、
わたしはできる限り出血が止まってからはじめたほうがいいと考えます。

▼ボニックの購入でお悩みの方はまずは最安値から試してください!▼


HOME